化粧品を換える時期!30代のスキンケア

30代から始めるアンチエイジング

エイジングケアはいつ頃から始めるのが良いのでしょうか。

さすがに30歳にもなってくると、20代の頃と同じ化粧水を使っていることは間違っているのではないかと気付くはずです。

エイジングケアは思い立った時がすべき時です。

10代からでもしっかりケアをすれば、年齢を重ねた時にきっとやっておいて良かったと思うはずです。

特にエイジングケアは30代で始める人が多いようです。

スキンケアの際に肌の弾力やハリ感がなくなったのを感じ、慌てて始める女性が多いようなのです。

肌のターンオーバーが遅れがちになるのがおよそ25歳前後と言われています。

美しい肌は28日周期で肌の奥で生まれた細胞がどんどん表面に出てくるのですが、25歳を過ぎてくると、そのサイクルに徐々に時間がかかるようになってくるのです。

そうなると角質が落ちませんから、くすみが取れなかったり、しみやシワが定着したりと問題が起こってくるのです

この頃必要なのは高額な化粧水を使うことではなく、正しいインナーケアです。

夜の炭水化物を控えることや牛肉、豚肉を控えることが大切です。

温かいもので身体を芯から温まらせることも必要となります。

また綺麗な水をたくさん飲むことも必要で、1日に2リットルは飲みたいところです。

市販のジュースは100%と記載があっても飲まないにこしたことはありません。

新陳代謝が正常に戻れば自然と健康な肌やシミなども出来にくい強い肌に生まれ変われます。

肌の新陳代謝を高める成分はグロースファクターと呼ばれるものです。

肌細胞が活性化し、新陳代謝がアップしますから、ブースター化粧水などとしてスキンケアの1つに取り込んでみるのも良いでしょう。

30代のお手入れ次第で40代を綺麗に過ごせるかどうかのポイントとなりますから、出来る限り肌に良いことを毎日の習慣にしていきましょう。