年齢肌に合った化粧品を使いましょう

40代になったら気をつけたいケアポイント

20代や30代ではまだ美肌の変化に気付く人は少ないかもしれません。

早い人で30代半ばから肌質が変わってくるのを感じることでしょう。

しかし40代になってからエイジングケアでは遅すぎますし、30代の今からスキンケアを重視していくと良いでしょう。

40代の注意点は乾燥肌も関係しますが、今まで使っていたスキンケアアイテムが全く肌に合わなくなったり、ヒリヒリ刺激が強すぎたり、クリームを塗っても敏感になってしまったりと、トラブルが起こってきます。

家事をしている間にケアをさぼっていたら、手先の肌荒れに悩まされることにもなります。

30代と40代の主な違いは、やはりケアのポイントでしょう。

そして取り戻せるか、取り戻せないかのどちらかです。

30代はまだ諦めなくても良いですが、40代になるといくらスキンケアに力を入れても、なかなか効果が出ずに取り返しがきかないケースが多いのです。

敏感肌を研究している企業等では年齢にあった化粧品、スキンケア開発に力を入れています。

トラブルを抱えやすい40代の肌だからこそ、お肌に負担のかからない、低刺激の商品を開発しているのです。

また乾燥が酷くなってきますから、保湿はマストです。

加湿器を使ったり、お風呂上りは3分以内にとりあえず化粧水だけでもつけるなど、しっかりケアをしてあげることが大切です。

たまの休日にエステでフェイシャルコースをしても良いでしょう。

月に1度くらいなら通えるのではないでしょうか。

保湿やクリームをしっかり塗って、身体の芯を温める食事、バランスのとれた食事を続けることで取り返しは付かないけれど、それ以上老化現象を食い止めることが出来るのが40代のスキンケアなのです。